東京都

上野動物園にいる実物カンフーパンダに世界が騒然

このエントリーをはてなブックマークに追加

上野動物園のカンフー・パンダ

人気映画「カンフー・パンダ」に登場するような、上野動物園のパンダがネットで話題になっています。

報じたのは、イギリスのタブロイド紙「デイリー・ミラー」のオンラインサイト

「本物のカンフー・パンダようだ!」、「これは空手の動きだね!」と、同紙は伝えています。

確かに二本足、それも右足をひきつつ、左手を前に構えるパンダの姿は、いまにも右の正拳突きをくりだしそうです。
実際の(?)カンフー・パンダは、こんな感じ。

実際のカンフー・パンダ

確かに、構えもそっくりです。

今、上野動物園にいるパンダは、オスのリーリーと、メスのシンシン。正直、どっちだか分かりません。。。

上野といえば、今ではすっかりパンダの街というイメージがついてますが、上野動物園にパンダがやってきたのは、1972年(昭和47)年の、日中国交回復の際。

上野動物園自体は、1882(明治15)年、上野公園博物館が開かれ、その付属施設として開園されました。
もし、パンダが来日しなかったら、上野動物園はいまのような形で残ってなかったかもしれませんね。

気に入ったら「いいね」しよう!

シェアしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらもどうぞ

お問い合わせ